読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままちゃん奮闘記

自分の幸せも家族の幸せも全て手にいれたい!よくばりでぐーたらな専業主婦ままちゃんの日々を綴ります。

助産院で産みたい!①

なんとなーくのミーハー精神なのか、一人目の妊娠の時から

助産院」

というものに興味がありました。


病院よりも、温かく、自然にこどもを迎えてあげられるのではないか、という固定観念みたいなものがあったのですね。



ただ、一人目の時は仕事もしていて、予期しない妊娠でした。
その上私の地元は産院が少なく、妊娠超初期に分娩予約を取らないと大学病院での出産になります、とちょっと脅され(大学病院でもいいところはたくさんあります!)、アットホーム思考の私は慌てて個人医院の分娩予約を取り付けたのでした。



その医院もいいところはたくさん合ったのですが、
(ご飯も美味しかったし個室で助かったし結構キレイだったし)
やっぱり病院の先生ってちょっと苦手。


初マタなので、いろんなことが不安で。
でも先生は「何か質問ありますか?」の一言も言ってくれない流れ作業。

勇気を振り絞って言った

「最近、お腹が痛いんですけど…」

には

「どこ?」

と聞かれ

「んー…この辺り…」

とぼんやり示すと、半ば食いぎみで

「そんなところに子宮はありません!!!」

「すすっすみません…」


うぅっ…怖いよー(涙)

今となれば便秘かなとかわかりますが、
当時の私は心配だったんですよね。
優しく
「妊娠中はよく便秘になってお腹いたくなるんですよー」
と言ってくれる余裕は先生に無かったのか…


体重も私自身は最終的に9㌔増だったのですが、
「こんなに増えて赤ちゃんに悪影響だ、母親なんだからしっかりしないと」
と厳しめにお叱りを受けていました…

9㌔ってさ、そんな増えてないよね!?
出産10日で元に戻ったよ??
私そんなにダメなプレママだったでしょうか…


そして出産当日。

私は陣痛が始まってからもなかなか子宮口が開かず、結果として42時間のお産になったのですが、

陣痛中は病室に放置。

そりゃあさ、
みんな忙しいしさ…
付きっきりとまではいかないのはわかりますが…

助産師さんは
「ここを押すと陣痛が和らぐから」
とツボなんかを教えてくれるでもなく

形式的に時間毎にお腹の状態を計測し、「まだですね~」と帰っていく…

その繰り返しで陣痛が長い私は完全に心が崩壊(笑)


何度も痛いと訴えても
「うんちが出そうになるまでです!まだまだです!」
と相手にしてもらえず…


最終的にこどもの心拍が低下し、ようやく先生の診察。
その先生はいつもの先生のお父さんで、いわば超ベテラン。
その先生はパッと見て
「子宮は開いてないけど赤ちゃんは大分下がってきてるねー。これは痛かったよねー。」
と子宮口を無理矢理開け(これはこども出てくるときよりも痛かった)、ささっと一時間で出産したのでした。

あのお父さん先生の言葉には涙が止まらなくて、神様だー!と本当に思ったものでした…


②に続きます。