読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままちゃん奮闘記

自分の幸せも家族の幸せも全て手にいれたい!よくばりでぐーたらな専業主婦ままちゃんの日々を綴ります。

似たもの親子

こんにちは。ままちゃんです。


我が家にやって来たインフルエンザの嵐もようやく過ぎ去ろうとしておりますが、

そのまとめはまた後日。


それより私の怒りを書かせてくださいー!!!


なんだかこのブログ、記録の場からストレス発散の場になってないか?(^o^;)


まぁ他の誰にも愚痴れないし、良しとしよう!


と言うことで…



ぱぱちゃんとままちゃんがダウンしたのが木曜日。←この時点で新事実ですよね(笑)次回更新しまーす!

木曜日にはたーろちゃんは解熱していて。


正直自分達の症状が辛く、ほったらかしておりました。

DVDも観ていたし、おもちゃで遊んでいたとも思います。


す、る、と。



翌金曜日。

私とぱぱちゃんは解熱したのですが、
なんとたーろちゃん、再発熱!!!

元気なんですがね(^o^;)

でもこれはちゃんと休息させなきゃいけないと反省。



うちのたーろちゃん、ドラえもんが大好きで、毎週金曜日を楽しみにしています。

するとぱぱちゃんから内緒話が。

「今日、ドラえもんが3時間スペシャルだったよ。どうする?」

とのこと。


録画しちゃうと永遠観ていて困るし、
かといって、熱があるのに3時間ドラえもん観るのもどうなのか。


ちょっと迷いましたがたーろちゃんに
「今日、ドラえもんやる日なのだけれど、お熱があるから、今日は我慢して、病気をきちんと治してから観ようね。ちゃんと録画しておくから。」
と説得しました。

たーろちゃん、残念そうでしたが、納得して布団に入りました。

す、る、と。


ぱぱちゃんから一言。


「このままテレビ、付けておいても良い?
WBCやるんだよね…」


ままちゃんさすがに
「え?こどもに我慢させておいて?」


と口にしてしまったら
「違うよ!そういう意味じゃなくて、聞くだけ!観ないから。」


とか意味不明なことを言っているので黙ると


「いいよ、観ないよ」



と、テレビを消しました。




この休養中、なるべく長い時間たーろちゃんが布団にいてくれるようにとテレビのある居間に布団を運んだのは私です。

でもさ、たーろちゃんが再発熱して、テレビを我慢して寝ようとしている隣で大人がテレビを付けます?
なにが「違う」のかさっぱりわかりません。

自分だって夕方まで「ダルい」とか言ってたくせに。
テレビって観なければ、聞いているだけなら休んでいることになるんでしょうか。
仕事休んでるんだから、なるべく眠って、体力回復させなよ!!!

そもそも隣でテレビが付いていたら、
たーろちゃん、気になって寝るわけ無いだろ!!!!


と私は考えるのですが、
その場は何も言いませんでした。



そして、ふと目が覚めると
テレビを付ける音が。
「やっぱり野球が気になってテレビつけたのかなぁ。バカだなぁ。」
と思いましたがこのときはまた眠りにつきました。


再度目が覚めると
テレビは消えていましたが、スマホをちこちこいじっているぱぱちゃん。
「いや、マジでこの人バカなのかな。寝ろよ。」
と心の中でディスり、寝ようとしましたが、なかなか眠れないでいると

テレビが付きました。


ドラマです。
そう。ぱぱちゃんが毎週楽しみにしていた
「奪い愛、冬」
が始まったのです。


マジで殺意が芽生えました。

水野美紀より怖い女がここにいると何故気がつかないのか。



結局やつは最後までドラマを堪能していました。
よくそれでダルいとか、お腹が痛いとか言えたな!


ちなみに、ドラマの終盤でやはりたーろちゃんは起き出してしまい、
(隣でテレビが付いていたら起きちゃいますよね。普段より寝ている状況ですし。)
「お腹が空いたー」
と残っていたおじやを食べて寝ました。

もーその間の私の後ろ姿は怖かったはず(笑)




そして、次の日。

たーろちゃんが起き出し、開口一番に言ったのが
ドラえもん観たい!」
でした。

「まずは病気を治してからでしょ。昨日お熱があったんだからまだ我慢しようね。」
と言おうとしてハッとしました。


言えないじゃん…
その日に微熱があったくせに深夜ドラマ観ていたやつが親だよ…


ぐっと言葉を飲み込み、代わりに
「好きにしたら。ママは朝ごはんを食べるからね」

と決別を決めました。


途中、
「たーろもご飯が食べたい」
というので

「だったらドラえもん消してこっちにおいで。観ていたら食べられないでしょ」

と言ったら来ませんでした。


もう放置。
この間、ぱぱちゃん起きてこず。



ドラえもんがようやく終わった頃、ぱぱちゃんは起床。たーろちゃんと二人でご飯を適当に済ませて布団に戻ってきました。


す、る、と。


たーろちゃん、ブルーレイに取り貯めてあった別のドラえもんを観始めたのです!!!!!





げ・ん・か・い!!!




もうこの人たちに構ってられない。



自分の布団だけ別の部屋に移動しました。
昼ご飯も夜ご飯も手を出してません。
(一応、ご飯を炊いて、おかずは冷蔵庫に入れましたが…)

もー価値観、生活感の違いって本当にストレスですね。


病気の時の深夜ドラマ位我慢できないのでしょうか。
録画すれば良いだけなのに
それが出来ない。

この考え方は私の考え方の押し付けなんでしょうか。

でも、そうなると、私の子育てにもブレが生じてしまいます。


うーん。



本当に、他人との生活って、楽しくもありますが、ストレスです。



一日一人きりで生活しましたが、本当に快適~!
いつも、痛くて辛かった腰の痛みも和らぎました。


謝ってくる気配もないので、後一日はこの生活が出来そうです(* ̄∇ ̄*)