読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままちゃん奮闘記

自分の幸せも家族の幸せも全て手にいれたい!よくばりでぐーたらな専業主婦ままちゃんの日々を綴ります。

発達相談からのおしゃべり上手

こんにちは。ままちゃんです。

うちのたーろちゃん。3歳と4ヶ月。

よく出先で
「おしゃべりが上手ね~」
と言われます。

背も体重も人並みなのですが
昨日もおじいちゃんに
「何歳?」
と聞かれて
「3歳」
とたーろちゃんが答えると

「3歳ってことはないだろー」
と言われていました。
一応
「本当に3歳なんですー」
とままちゃんフォロー。

たーろちゃん、後で
「本当に3歳なのにどうしてちがうっていうんだろーねぇ!」
とちょっとお怒りでした(笑)


これも多分ぺちゃくちゃお話ししていたことが原因みたい。


本当によく話します。

今日のヒトコマ。
たーろ「ママー今日は助産院、チャリンチャリン(自転車)で行く?」
ままちゃん「助産院は遠いから車で行くよー」
たーろ「大丈夫、たーろ道わかるよ。」
ままちゃん「でもままちゃん助産院まで歩いたらヘトヘトになっちゃうよー」
たーろ「大丈夫大丈夫!たーろがママの足、帰ってきたら揉んであげるから!」

成長って凄いですねー。

うちのたーろは2歳になるまでほとんど話ができず、一歳半検診で発達相談になりました。
まぁぱぱちゃんも話すのが相当遅かったそうなので全く気にはしていなかったのですが
2歳を過ぎて話始めたらもう凄いこと。

よくこどもが集まる場所で
「お話、上手ですね~うちの子、なかなか話せなくて…」
とお話を戴くことが多くなりました。

小さい頃、話さない子を持って、ちょっぴり心配しているママたちに言いたい!


私の経験と私の担当だった市の担当者さんの意見ですが、後ろから声をかけて、振り返る様ならかなりの確率で問題ないと思います。
小さい頃話せなくて問題なのは耳が聞こえていないかも知れないと言うことのようです。
耳が聞こえていないと言葉の発達が遅いため、言葉の発達が一歳半検診の内容になっているそうです。
(耳に問題があると早くに対処した方がその子のためになる)

耳が聞こえているようならその子は言葉のシャワーを浴びて、溜め込んでいるだけなのではないかなぁと思います。
少なくともうちのたーろはそうでした。


本当にあの半年が嘘のように話します。


なので、心配しすぎないで下さいね~!


今日はたーろのおしゃべり上手のお話。